風邪のひき始め

ナチュラル自然治癒力ラボ、院長の萩原です。

新年あけましておめでとうございます。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、年末年始でゆっくりはしたものの、いつもの生活リズムが崩れて風邪ひいた、という方は多いのではないでしょうか? 何を隠そう、私も少しやられかけております。 このところの空気の乾燥も一因かもしれませんが、鼻と喉に来てしまいました。

昨年のTV番組「名医のTHE太鼓判!」で医師の健康法が紹介されていました。 風邪のひき始めとは、ちょっと喉が痛い、風邪ひいちゃったかな、という程度をさします。 そんな時に一般の人がする対処としてはあったかくして休息をとる、というのが通常ですが、反対に軽い運動をすることを推奨していました。 具体的には5分間の水泳、という事です。

え~っ? 一番よくなさそうな裸になって水泳? と思いますが、そうした軽い運動は体の中のNK細胞を活性化させるのだそうです。 NK細胞とは最近よく取り上げられるのでご存じの方も多いかと思いますが、人間の自然免疫主要因子として働リンパ球の一種で、ウィルス感染細胞を拒絶するのに重要なものです。

そこで私もちょっとジムで体を動かしてきました。 う~ん、確かにちょっといいかも。身体の中をしっかりウォームアップして免疫を高めるのは確かに理にかなっていますね。 しかし、あくまで軽い運動です。 ウィルスと戦うために体力を温存することも重要です! 

当院で採用しているDRT という手技も自然治癒力を高めるのですが、DRTを受けた方が、身体の中が緩んで、温かくなる、とおっしゃいます。 風邪ひきそう、と思ったら軽い運動、またはDRT をお勧めします!