新型栄養失調

こんにちは! ナチュラル自然治癒力ラボ、院長の萩原です。

このごろTVの番組などで「新型栄養失調」の話題を取り上げてますね。

この言葉ご存じでしたか?

新型栄養失調って何?

栄養失調といえば、戦後の貧しい食生活の中で痩せこけたり、海外の食糧飢饉の国で飢餓状態でお腹がふくらんだり、の凄まじい様子を思い浮かべます。

おそよ現代の豊かな日本には縁がなさそうです。

が、新型栄養失調は3食ちゃんと食べてカロリーは足りているが必要な栄養素が足りていない。

原因不明の肌荒れ、冷え、むくみ、最近よく聞く寒暖差アレルギー、鬱、などの原因になっている場合があるそうです。

それを新型栄養失調と呼び、特に40歳台以降に増えているとのことです。

粗食の高齢者、栄養が偏った男性、ダイエットをしている女性が要注意です。

でもそういえば何十年も前のテレビドラマで若いころの萩原健一と桃井かおりが出ていたのですが、桃井かおりが田舎から出てきて倒れて、医者に栄養失調と言われ、こんなに太ってるのに(当時はふくよかなイメージでした)栄養失調・・・?と萩原健一が驚いた場面をよく覚えています。

いずれにしても栄養失調はよくないことです。

当院では施術効果を上げるために、姿勢や栄養のアドバイスもさせていただいています。

新型栄養失調チェックリストと栄養アドバイス

栄養管理士の杉山典子氏による新型栄養失調の12項目チェックリストです。

いくつあてはまるから新型栄養失調、というチェックリストではなく、その項目にあてはまるならこれを気を付けましょう、というリストです。

ご参考までに載せておきますね。

1.肉類はあまり食べず、野菜中心の食事

 →タンパク質不足の可能性 卵・乳・魚・肉・大豆製品を毎食取り入れましょう

2.栄養ドリンク、スポーツドリンクをよく飲む

3.どんぶりやラーメンなどの炭水化物をよく食べる

4.アルコールの量が増えた

 2、3、4、→ビタミンB群不足の可能性あり サプリメントを利用するのもよし

5.極力、油は取らないようにしている

→脂質不足の可能性 脳細胞の60%は脂質で構成されています。脂質量の減少は物忘れや気分障害の原因に。

6.インスタント食品やコンビニ食が多い

→カルシウム不足の可能性あり。インスタントを減らして小魚やヨーグルトでカルシウムの補給を。

7.野菜や果物をあまりとらない

→食物繊維、ビタミン・ミネラル不足の可能性あり。腸内の悪玉菌増加で帳の不調、セロトニンの低下でうつやイライラの原因に。

8.風邪をひきやすい

→タンパク質、ビタミンA、ビタミンD、亜鉛が不足している可能性。タンパク質、レバーや緑黄色野菜を積極的にとりましょう。

9.冷えが気になる

→タンパク質、油、鉄不足の可能性あり。動物性タンパク質、ビタミンEのアーモンド、EPAを含む青魚を!

10.目が乾燥する、目が疲れる

→ビタミンA不足の可能性あり。レバーや緑黄色野菜を。

11.抜け毛が増えた

12.勢力が減少した

 11.12.→亜鉛が不足の可能性あり。牡蠣や牛ヒレ肉に多く含まれますが、サプリメント利用も。