花粉症の簡単セルフケア

こんにちは! ナチュラル自然治癒力ラボ、院長の萩原です。

花粉症の方はお辛い時期ですね。

その花粉症にも当院の施術、DRT整体はかなりの威力を発揮しており、花粉症の症状が緩和される方が多いのです。

花粉症の為に施術を受けにいらっしゃる方は少ないと思いますが、他の愁訴でお越しいただいても花粉症がある方はお知らせください。

指標を確認して効果を確認してみましょう。

 

花粉症のセルフケア!

DRTの上原先生から始まり、先生方の間で今話題の花粉症のセルフケアです。

DRT協会とは関係のないところで紹介されたものですが、多くの先生方、患者様が試されて効果あり、と評判です。

→参考サイト

花粉症の上半身、特に顔の部分の鼻炎や目のかゆみなどの副交感神経の過剰反応を身体の一箇所を圧迫することによって解く、圧自律神経反射法、という方法です。

具体的には花粉症があると左右どちらかのくるぶしの下(写真の親指の位置)を強めに押すと痛みがあります。

その足に、普通の輪ゴムを上の写真のように八の字にして足首に巻く、だけです。

その内くるぶしの下のポイントは「照海」というツボです。

勉強会で数人の方で確かめましたが、花粉症の人はすべてどちらかの足が痛いようでした。

 

輪ゴムをまくと2分もすると効果が出てくるようです。

基本は効いたら、はずすのですが、はずすとすぐ戻ってしまう場合、重症の人の場合は巻きっぱなしでも。

薬に頼らない自然な方法ながら、かなり効いたという人が多いので、試してみる価値大です!

詳しくは上記のリンクをご参照ください!